【眠い】春に多いアレルギー・不眠・疲労はリズム障害が関係【メラトニンUP】

春の不調「体内リズム」

[icon class=”icon-pen”]この記事のまとめ

春に多いアレルギー・不眠・疲労はリズム障害が関係しているということで、体内リズムの改善についてまとめてみました。

毎年3月18日と9月3日を睡眠の日と制定されており、前後一週間は睡眠健康週間されているので、春先においては「睡眠」がポイントと言えますね。

特に下記の内容が知りたい方は、必読な記事になっています。

春に多いアレルギー・不眠・疲労を改善したい

生活のバランスを崩しがちだけどよくないのかな?

眠りの質が悪い気がするけど、大丈夫かな?

不調を改善するいい方法が知りたい

ぼくも春先は、疲労や、花粉症の悪化、眠気とか悩みましたね。

本記事の内容
  • 春に多いアレルギー・不眠・疲労とは?
  • 体内リズムを改善する生活ポイント7つ

本記事を読むことで、「体内リズム」を調整できて、春先の「アレルギー・不眠・疲労」が改善できます。

自宅で簡単にできるストレッチも紹介しているので、最後までご覧くださいね。

春に多いアレルギー・不眠・疲労とは?

「体内リズム」と春の症状は密接な関係があります。

特に季節の変わり目は体内リズムの狂いやすい季節。

  1. アレルギーの傾向
  2. 不眠の原因は朝にある
  3. 慢性疲労は体内リズムの乱れから
  4. アトピーが「よい子」に多い理由

①アレルギーの傾向

かゆみは「夜」、喘息は「夜中」、鼻水やくしゃみは「起床時」に発生する傾向があります。

症状の発生には時間性があるようです。

②不眠の原因は朝にある

睡眠に誘う「睡眠ホルモン」の合成や体内時計のリセットには、朝日を浴びることが重要。

不眠解消の鍵は夜より「朝」にあります。

③慢性疲労は体内リズムの乱れから

現代ほど睡眠を軽視し、リズムを乱している時代はありません。

睡眠障害が大きいほど慢性疲労が深刻。

疲労回復のポイントは睡眠の充実にあります。

④アトピーが「よい子」に多い理由

おとなしく、やさしい子供にアトピーや喘息が多いといわれています。

やんちゃな子供と比べ、おとなしい子供はストレスが溜まりやすく、体内リズムが乱れやすいと思われます。

体内リズムを改善する生活ポイント7つ

朝が勝負で、体内リズムには「ストレス」などが関わると言われます。

  1. 休日も平日と同じ時間に起床
  2. 朝食を同じ時刻に食べる
  3. 全身に朝日を10分以上浴びる
  4. 朝に軽い体操、散歩
  5. ストレスをためない
  6. 日中はひと汗かく
  7. 腸を温かく保つ

①休日も平日と同じ時間に起床

体内リズムの調節には、起床時間を一定にすることです。

日曜でも平日と同じ時間に起床しましょう。

②朝食を同じ時刻に食べる

朝食は体内時計を整える大切な要素。

毎日同じ時間に朝食を摂ることが大切です。

胃腸の弱い人は少量でもよいでしょう。

③全身に朝日を10分以上浴びる

朝日を10分以上浴びましょう。

睡眠ホルモンの合成や体内時計がリセットされるには、朝日を全身に浴びることが重要です。

④朝に軽い体操、散歩

朝型にゆったりとした散歩や体操で身体を動かすことが1日の体内リズムを調節します。

体内リズムの調節ポイントは「朝」。

⑤ストレスをためない

ストレスをためこむと「体内リズム」が乱れます。

クヨクヨ、イライラを早めに解消しましょう。

⑥日中はひと汗かく

昼間は汗を少しかくまで、身体を動かしましょう。

メリハリのある生活が「体内リズム」の維持に重要です。

⑦腸を温かく保つ

体内リズムを整える一つのポイントの一つは「腸」にあります。

「腸」の蠕動運動は食物の消化・吸収だけでなく、体内リズムに大きな影響を与えます。

温かい飲食やお腹を冷やさない服装を心がけましょう。

まとめ | 春の不調は体内リズムの改善がマスト

今回は、「春に多いアレルギー・不眠・疲労を改善したい・生活のバランスを崩しがちだけどよくないのかな?眠りの質が悪い気がするけど、大丈夫かな?不調を改善するいい方法が知りたい」について紹介しました。

季節の変わり目は体内リズムの狂いやすい季節で、改善のためには「朝を大事にする」ことでしたね。

体内リズムの改善ポイント7つ
  1. 休日も平日と同じ時間に起床
  2. 朝食を同じ時刻に食べる
  3. 全身に朝日を10分以上浴びる
  4. 朝に軽い体操、散歩
  5. ストレスをためない
  6. 日中はひと汗かく
  7. 腸を温かく保つ

体内リズム改善のため「朝を大事にする」と、「良質なホルモン」が作られ、「腸内環境」が好転し、ストレスが軽減することができるということでしたね。

自宅で適度に運動するのにおすすめなのは、「ストレッチポール体操」。

それでは、今日はここまで読んでいただきありがとうございます!