【梅雨の過ごし方】うつやせきや痛みを撃退する【余分な水分を体の外へ追い出す】

[icon class=”icon-pen”]この記事のまとめ

梅雨の不調対策は、食事やストレッチで、体を温めて、体の余分な水分を体の外へ追い出すことが大切です。

「うつ」や「せき」や「痛み」も出やすいのが「梅雨の季節」。

本記事では、具体的な対策を5つの項目でまとめました。

特に下記の内容が知りたい方は、必読な記事です!

梅雨は、不調が出やすい。

元気がなくて、「うつ」っぽい。

「せき」が出やすい。

古傷とかの「痛み」が気になる。

体の中で、どうなってる?対策も気になる。

今回の記事は上記のお悩みを解決します。

ぼくも、梅雨どきは苦手でしたが、意識して対策すると、体調は改善しました。

本記事の内容
  • 生活:自律神経のバランス
  • 食事:基本は温めること
  • うつを軽減する
  • せき対策
  • 痛みを軽くする

対策を実践すると、ジメジメとした季節をさわやかに過ごすことができますので、最後までご覧ください。

生活:自律神経のバランス

  1. 汗をかく
  2. 汗をかいたらすぐに拭く

梅雨時期は蒸し暑い時期ですが、入浴や運動などで汗をかきましょう。

汗をかくことは、自律神経を整えることになります。

汗をかいたら、すぐに湿ったタオルで拭き取りましょう。

参考:梅雨のだるさに汗かきエクササイズ 夏に備え汗腺刺激

食事:基本は温めること

  1. 身体を温め、血流を高める
  2. 余分な水を出す食材

①身体を温め、血流を高める

体が冷やされると水が溜まりやすくなります。

冷たいもの、生ものは控えめにして、温まるものを摂りましょう。

ニンニク、ニラ、シソ、 ショウガなどは胃腸を温めて水分を出しやすくします。

②余分な水を出す食材

水分を出す食材

小豆、冬瓜、黒豆、とうもろこしなど。

下記に、上記を用いた「お茶」があります。

参考:無印良品のお茶でできる!手軽な梅雨の体調ケア

うつを軽減する

  1. 漢方薬
  2. 日光に当たる

「うつ軽減」には、漢方薬をうまく利用しましょう。

抗うつ剤がよく使用されていますが、薬を手放せなくなる人が多いです。

漢方薬などをうまく利用しながら、まずは自律神経の安定を考えましょう。

お日様と仲良く

梅雨の合間の晴れた日は、朝の日光をよく浴びるようにしましょう。

窓辺で食事をするのもオススメです。

せき対策

  1. 換気と除湿
  2. フィルターの掃除
  3. こまめな洗濯

換気と除湿を心がけ、晴れた日は窓を開け、換気や除湿(湿度40〜60%)がおすすめ。

せきの原因の除去

カビやホコリが溜まりやすい、エアコン除湿機のフィルターなどをよく掃除しましょう。

参考:エアコンのカビ対策してますか?放置しておくと咳や病気の原因にも!カビの防止方法を紹介します

心地よい睡眠のお供である「枕カバーやシーツ」は、こまめに洗濯・交換しましょう。

痛みを軽くする

梅雨どきは「古傷」や「痛み」が出やすいです。

リウマチや関節炎
  1. 炎症
  2. 擦り減り

上記への対策が必要です。

  1. 関節を柔らかく
  2. 筋肉や骨を丈夫に
  3. すり減った軟骨の補強

一時しのぎの治療よりも、繰り返さないための治療が大切。

①炎症とすり減り:関節を柔らかく

日頃から身体をほぐし、関節を柔らかくして、固くならないようにしておく。

参考:股関節を柔らかくするストレッチ方法

関節はじっとしているよりも、よく揺らす、回すことですり減りが予防できます。

②炎症とすり減り:筋肉や骨を丈夫に

筋肉や骨を丈夫にする栄養素を摂りましょう。

魚介類、シイタケ、黒ゴマ、海藻など

身体を冷やす食品は控えましょう。

生もの(刺身·野菜)、 スナック菓子

③すり減った軟骨の補強

関節には擦り減った軟骨を補強する栄養分(グルコサミンや良質のカルシウム)を摂りましょう。

まとめ | 温めて、余分な水分を体の外へ

今回は、「梅雨は、不調が出やすい・元気がなくて、「うつ」っぽい・「せき」が出やすい・古傷とかの「痛み」が気になる・体の中で、どうなってる?対策も気になる」について話しました。

梅雨の不調対策は、食事やストレッチで、体を温めて、体の余分な水分を体の外へ追い出すことが大切でしたね。

まとめ
  • 汗をかくことは、自律神経を整えること
  • 身体を温め、血流を高める・余分な水を出す食材
  • 漢方薬の利用と日光に当たる
  • 換気と除湿・フィルターの掃除・こまめな洗濯
  • 関節を柔らかく・筋肉や骨を丈夫に

上記の解決策でジメジメとした季節をさわやかに過ごすことができます。

手軽に飲める「温まる・余分な水分も出す」

「痛み」に塗るとおすすめ「温活クリーム」

それでは、今日はここまで読んでいただきありがとうございます!